10年のシーズンは、以下のタイトルとなりました。(全29試合)
今シーズンいまいちだった方は、来季がんばりましょう!

<打撃部門>
■打率:.341 岡選手
  4番に座ると打てないというジンクスをついに克服しての獲得です。
  大藪選手、最後に打率が伸びず追いつけませんでした。
■本塁打:3 岡選手
  文句なしのホームラン3本でした。藤原選手、安井選手1本足りずです。
■打点:17 岡選手
  チャンスでかなり打ってくれた岡選手獲得で、見事三冠王獲得です。
  藤原選手、あと2打点足りずでした。

■出塁率:.457 上村選手
  打率と四死球がバランスよく良かった上村選手会長が見事獲得です。
■長打率:.659 岡選手
  チーム唯一の長距離砲岡さんが、2位の藤原選手の倍近い数字で獲得です。

■盗塁:17 上村選手
  積極的な走塁で、上村選手会長が見事に盗塁王獲得です。
  この辺は皆見習っていきたいところです。
■得点:18 若松選手
  四球王でもあり、出塁率の高い若松選手が見事獲得です。
■死球:5 藤田選手、大池選手
  藤田さんはかなりぶつけられた印象がありましたが、大池選手もかなり
  当たってました。ヒットと同じ貢献度です。
□三振:22 藤原選手
  中盤の6打席くらい連続三振がかなり効いて、ダントツの三振王獲得です。

<投手部門>
■勝利数:4 藤原選手
  シーズン開幕と終盤はまずまずの成績でしたが、中盤が壊滅状態で負けがだいぶ
  先行(8敗)しての獲得になりました。
■防御率:4.64 鈴木選手
  守りも含めて厳しい展開の中、よく投げ抜いた鈴木選手が見事獲得です。
□防御率ワースト:15.27 安井選手
  かつての大エースも、今年は投げれば打たれるという恐るべきピッチングでした。
  0勝3敗に終わり、来季は18番の存続をかけたシーズンになります。

<個人部門>
■MVP:該当者なし
  9勝20敗という厳しい結果となったため、今シーズンは該当者なしとしました。
■新人王:大藪選手
  今シーズンから加入し、打率2位、2勝を挙げての獲得となりました。
  来シーズンはピッチング面、守備面での活躍がさらに期待されます。
■カムバック賞:該当者なし
  戻ってきた大エース安井選手に差し上げようかと思いましたが、貢献度が
  いまいちだったので、今シーズンは該当者なしとしました。
■全試合出場:29 藤原選手、若松選手
  二人そろってフルイニング出場付きで、見事獲得となりました。

You must be logged in to leave a reply.